相続手続き・遺言の作成指導なら行政書士小野事務所

当事務所では

 

自筆証書遺言、公正証書遺言のご相談、作成指導

 

相続手続き[相続人の確定、相続財産の調査・確定、遺産分割協議書の作成]

 

に関する業務をお引き受け致します。


遺言書について

 

遺言は、死後の自分の財産を誰にどのくらい相続させるか、またはさせないか、その意思表示をするものです。

 

例えば、子供の中で生活に苦しんでいる子があれば、その子に多くを残したい。
老後の面倒をよく診てくれたから感謝の気持ちとしてあげたいなど、事情は様々なものがあります。
また、争いのない相続のために生前のうちに遺言書を作ることも効果的です。

 

しかし、遺言はそれぞれ法で定められた要件、様式のもと作成しないと無効となってしまいます。

 

遺言の方式は次のようなものがあり、
それぞれメリット、デメリットがあります。

自筆証書遺言
公正証書遺言
秘密証書遺言
特別方式による遺言

 

自筆証書遺言

 

メリット

・費用がかからない
・遺言の内容が他の人に知られない

 

デメリット

・方式が厳格に定められている
・死後に遺言書自体が発見されない、遺品整理の際に捨てられたりするおそれがある
・遺言書に書かれている内容がそもそも効果を発揮しないおそれがある
・家庭裁判所にて検認手続きが必要となる

 

公正証書遺言

 

メリット

・公証人が関与することになり、方式・内容による無効を避けられる
・遺言書は公証人役場で保管されるため捨てられたりする心配がない
・死後に遺言書が発見されやすい
・家庭裁判所の検認手続きがいらない
・自分で書かなくても作ることができる

 

デメリット

・作成費用がかかる
・公証人が関与し、証人2人が立ち会う必要があり、内容が知られてしまう

 

秘密証書遺言

 

メリット

・自分で書かなくても作ることができる
・死後に遺言書が発見されやすく、捨てられたりする心配もない
・遺言の内容が他の人に知られない

 

デメリット

・公証人が関与し、証人2人が必要
・作成費用がかかる
・家庭裁判所にて検認手続きが必要となる

 

ご依頼の流れ

 

各遺言書には上記のようなメリット、デメリットがあります。
当事務所では、お客様の事情を事前にお聞きし、状況に最適な方式を相談し決定いたします。
ご依頼の流れは以下のようになります。

 

@

電話、メールでの受付をしています。お客様のご自宅へ伺うことも可能ですのでご相談ください。

 

A

希望する遺言の内容、どのように誰に分けたいのかなどをお聴きし遺言の方式を決定いたします。

 

B

費用のお見積りをし、納得していただければ委任契約書を作成し受任します。

 

C

土地建物の登記簿謄本、戸籍謄本、固定資産評価証明書などを用意します。

 

D

草案を作成し、修正を加えていきます。

 

E

作成した草案で決定しましたら、自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言を仕上げます。

 

F

例えば、公正証書遺言の場合はお客様とご一緒に公証役場にて作成します。

 

G

以上で遺言書の作成は完了となります。

 

費用についてはこちらをご覧ください。


行政書士小野事務所

〒116-0014
東京都荒川区東日暮里1-16-1

TEL:03-6806-6378
FAX:03-6806-6379

平日 9:30〜18:30
定休日 土日祝祭日

アクセス
東京メトロ 日比谷線 三ノ輪駅から徒歩5分